マイホビー・マイライフ

ラジコン(飛行機)やアマチュア無線、音楽、映画などなどについて書いてみようかな、と思っています。 皆様、コメントをよろしくお願いいたします。 m(_ _)m   リンクフリーです。

カテゴリ:ラジコン > JETI

いまさらですが、JETIのサーボ信号のPWMの話です。

経緯として、JRのキルスイッチ↓が話のきっかけです。
無題
これのノーマルモードは、JR受信機のサーボ出力の0~+100%で動かすことになっていますが、JETIだと動きません。 
それで、JRとJETIのPWMの範囲を調べてみました。
ISDTのバッテリーチェッカーで
パルス幅を測りました。

JRのセンターは
1500μsecです。 仕様通り。
jr_center

JRの+100%は
1900μsecでした。これも仕様通り。
jr_plus100

JRの-100%は
1100μsecでした。これも仕様通りです。
jr_minus100

JETIのセンターは
1500μsecです。JRと同じですね。
jeti_center
JETIの+100%は
2000μsecでした。 JRより100μsec大きいです。 
だからJRのキルスイッチのノーマルモードが動かないんですね。
JRの125%相当ですから、キルスイッチのフェイルセーフ時間設定モードに入ってしまうのだと思います。
jeti_plus100

JETIの-100%は
1000μsecでした。
jeti_minus100
まとめて書くと、
JRは:
-100%:1100μsec センター:1500μsec +100%:1900μsec
JETIは:
-100%:1000μsec センター:1500μsec +100%:2000μsec
でした。

だからJETIのMax negativeを-80%にして、Max positiveを+80%にするとJRと一致します。
そのようにしたらJRのキルスイッチのノーマルモードはちゃんと動作しました。

しかしこのISDTのバッテリーチェッカー、¥2,800円くらいだったのに便利です。オシロの替わりになります。
サーボ周波数も測れるし[F]。 %表示[R]が何を基準にしているのかがイマイチ不明ですが。




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

すごく久しぶりの投稿です。 JETIネタです。

ある機体のエレベーターの舵角を広げようとしてサーボセッティングのMAX, MINを広げていました。

そしたら、なぜか目一杯いったところで0.5秒くらいでサーボが脱力するんです。
で、スティックを少し戻すとすぐサーボが復活するんです。

庭でやっていたこともあり、静かではなかったので音で気づかなかったのですが、よく見てみたらサーボアームがもう水平尾翼のダウエルにぶち当たっていて、それ以上動かないのに動かそうとしていたみたいです。
こんな感じ。
image1
中を見るとこんな感じ。 ダウエルに当ってもう絶対動かない状況。
image2
サーボアームがもう動けない状態になっているときに、更に動かそうとするとなぜ脱力するんだろうって不思議に思いました。

どこかのサーボの記事で、
「サーボのアームが何かに突き当たっていて、過電流が流れるとサーボ自身が脱力する。」
っていうのを読んだ記憶がありました。

で、サーボのメーカーに電話して聞いてみたら、
「このサーボは、そういう機能はない。 ずっと信号の通りに動こうとする。」
っていう答えでした。

あ、そういえばJETIのセントラルボックスに過電流保護みたいな機能があったっけ、、って思ってマニュアルを見たら、

「サーボアウトプットポートには個別にオーバーロードプロテクション回路が内蔵されており、過電流が流れた場合にそのポートを無効にすることでシステム全体への電源供給を継続します。」

って書いてありました。

この機能、初めて発動させたわけです。

この機能はどちらかというと、ひとつのサーボが異常になった時でもシステム全体を稼働し続けるためのものっていうイメージがあったんですけれど、それは同時に過電流が流れたサーボ自身を保護することにもなるんだなあって思いました。





このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

JETI hints & tips 第8弾と書きましたが、これはヒントでも何でもないです。 付いている機能を使っているだけなので。
「ぼくはこうやっています。」っていうだけです。
JETI hints & tips のネタが無いもので・・・


イグニッションのキルスイッチなんですけれど、ぼくは送信機の両サイドにあるスライドコントロールレバーP5とP6の両方とも手前に引いた状態でキル、それ以外の状態(どちらか一方でも手前ではない状態)でキルOFF(イグニッション作動)にしています。

P5ってこれ(人差し指で触ってるやつ)です。
IMG_8232
P6ってこれです。
IMG_8231
両方とも手前に引いてキルしている時の写真↓です。(レバー見えてませんけれど、左右の人差し指で触ってるやつです。)
IMG_8233
通常は両方のレバーを奥側に押しておきます。
両方とも手前に引かないとキルにならないので、うっかりレバーに触って飛行中にエンストしてしまうことがありません。

急にキルしたい時でも一瞬でできます。

下図↓のように、P5とP6のAND条件でONになる”Kill Logic"というロジカルスイッチを作って、それをキルスイッチに割り当てています。
Screen002






このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

60ccのEXTRAのメカをJETIに換装しました。
IMG_7525




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

JETIのサイトが一新されてました。
sitetop
送信機や受信機などのソフトのアップデートを見ようかなと思って、Supportのページを見たら、JETI Studioしか載ってません。
supportpage
すべてのアップデートはJETI Studioからやると便利ですよーって言っているんでしょうね。

ついでにJETI Studioのアップデートがあるかな? と思ってJETI Studioを立ち上げてみました。 JETI Studioはいつも自動アップデートなので。
そしたら、Ver.1.1.4がある、と出ました。

アップデートのダイアログには以下の3択がありました。(もうこのダイアログ、出なくなっちゃったのでスクリーンショットがありません。 以下うろ覚えです。)

◯コンポーネントの更新と削除
◯コンポーネントの更新
◯すべてのコンポーネント削除

この、「コンポーネントの更新」を選んで進めてもアップデートできません。

で、"JETI Forum"を調べてみたら、同じような状況の人がいて、解決方法が書いてありました。(問題なくアップデートできる人もいるみたいです。)

(Windowsのコントロールパネルの「プログラムの追加と削除」で古いJETI Studioをアンインストールするのはうまくいかなかったそうです。)

まず、上記のダイアログの3択で一番下の 「すべてのコンポーネント削除」 を選んでアンインストールをします。
その後出てくる「ユーザー固有の設定を保持する」ダイアログでは「はい」を選びます。

(このアンインストールを行った状態で、Windowsのコントロールパネルの「プログラムの追加と削除」を見てみると、ちゃんとJETI Studioは消えています。)

そうしておいてから、JETIのサポートのページからVer.1.1.4をダウンロードしてインストールするとちゃんとできます。
昔のモデルやログもちゃんと残っていました。

新しいJETI Studio は、なんか赤っぽくなっています。
無題
JETIのサイト全体も赤っぽく一新されてますので、それに合わせてあるんでしょうね。

JETIのサイトの中をいろいろ見ていたら、送信機の新しいバージョン「Ver.5.06」もあることがわかったのですが、日付が先月末なのでしばらく様子見です。数ヶ月見て、最新が「Ver.5.06」のままだったらアップデートしようと思います。




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ