マイホビー・マイライフ

ラジコン(飛行機)やアマチュア無線、音楽、映画などなどについて書いてみようかな、と思っています。 皆様、コメントをよろしくお願いいたします。 m(_ _)m   リンクフリーです。

カテゴリ:ラジコン > ISDT

なんか液晶で綺麗なので、ISDTのバッテリーチェッカーを買いました。
無題
Banggoodで ¥2,881
中国からの送料が ¥288
もうなんだか最近、価格や送料の基準がよくわかりません・・・
IMG_5126
着いたらすぐにお約束のアップデート
BG-8S update
バッテリーのチェックの他にもいろんなことができるんですけれど・・・

チェッカーのくせに、自動的にバッテリーのバランスをとってくれます。
image2
でも、次の充電の時にバランスがとられるから、、これはあんま使わないかな・・・

あと、受信機につなぐとサーボのPWMの波形を見られる、とか、PPMやS.BUSの各チャンネルがモニターができる。
image3
故障解析の時に使うかなぁ・・・?  でも、受信機とサーボのどっちが壊れてる?なんていうときは、別の受信機とかサーボにつないでみる、で済んじゃうしなあ・・・

モニターは、送信機にモニター付いてるしなあ・・・


リポでスマホが充電できる機能、これは使います。
9B305506-8F12-4166-AFDB-750436A24370






ハイペリオンの充電器が壊れちゃったので、ISDTのQ8(500W)を2個、買いました。
ISDTのP20(500W x 2チャンネル)の発売を待ってたんですけれど、Q8を2個買うより高かったので、Q8を2個にしました。
IMG_4823
なんか最近は、注意書きがすごいですね。
でもこれで500Wは、やっぱりコンパクトです。
IMG_4826
着弾してすぐアップデート。
ISDTのパソコン用のアプリ(ISD Go)を使うと、充電器をUSBでパソコンにつないだだけで、勝手に充電器の機種を認識して最新バージョンにアップデートできるので便利です。
無題
Q8 3個体制で使ってます。
IMG_4854




ISDTの充電器、Q8のファームウェアをアップデートしました。
新しいバージョンは1.0.1.5です。

なんか、最近流行りのダークモードが追加になってます。
IMG_4379
ダークモードのテーマ名は ”闇” です。
IMG_4359 - コピー
日本語表示の時に、”最低入力電圧”と書くべきところが”最大入力電圧”となっているのは、まだ直っていません。
IMG_4374
他にもいろいろアップデートされています。

・Optimize the discharge function.
・Increase the adjustment range of the end voltage of charging and discharging.
・Add dark mode.
・Add working status icon indication.
・Fix overcharge error.
・Optimize fan control.
・Fix the bug of automatic exit for NiMH battery after charging and discharging.
・Modify the weathering test method
・Optimized and balanced charge handling
・Optimized discharge processing
・Modify ATE discharge test
・Optimize trickle charging.Fix the bug of couldn't end charging.BattGo battery display information error correction.

やっぱりISDTって真面目で、頑張ってる会社ですよね。
上記した、日本語訳が変、なんていうのはご愛嬌で、上のリリースノートにあるように、発売後にもいろんな最適化(Optimize xxxx)をずっと継続していることは、評価できると思います。
とても好きな会社です。


Qシリーズの新しいやつで、200W 8A ¥3,246 とか、1,000W 30A ¥9,795 とか、次々出てきてますね。 頑張ってます。





Powersの充電器が壊れちゃったので、新しいISDTの充電器を買いました。
Q8っていう500Wのやつです。
Banggoodで¥5,918でした。
500Wなので、安いと思います。
IMG_3796
例によって、カバーのシールが入ってます。
IMG_3797
こんなにちっちゃくて500W。
IMG_3798
シャトルキーの代わりに、タッチキーになっています。

日本語表示とかが若干おかしかったので、一応ファームをアップデートしてみました。
IMG_3801
でもまだ日本語、ちょっと変。 

充電器の電源にリポとかを使用した際に、リポをカラにして壊さないためのプロテクションが付いてますが、その電圧設定のメニュー表記が、英語では
"Min. input voltage protection"
となっていて正しいのですが、日本語メニューにすると
”最大電圧”
になっちゃってます。 逆ですよ~。 ^^;

英語メニューで使うことにします。

今回、新しい機能のひとつに、電圧可変(1V~34V)のDC電源機能があります。
スマホの充電とか、送信機の充電に使えますね。
考えてみたら、充電器って元々DC-DCコンを持ってるので、コストアップせずにこの機能を加えられたはずですね。 企業努力してるなー。やっぱISDT、好きです。

もうひとつの新しい、嬉しい機能は、”デストロイ”という、リポとかを捨てる時に使う機能です。
 0.1~1.5Aで、0Vになるまで放電してくれます。

今まで、リポを捨てる時に、塩水に漬けたり、抵抗素子を付けたり、野蛮なことをやってました。 
玄関前に、何日も、塩水の中で泡をふいてるリポを入れたバケツを置いていたら、
「何の魔除け?」
って言われました。(._.)


もうこれからは、この充電器でスマートに捨てられます。
これだって、たぶん、コストアップなしに実装してると思います。
企業努力してるなー。やっぱISDT、好きです。




↑このページのトップヘ